日ハムと交換トレード成立

いつ頃か、どちらかかの申し入れかは分からないが、江越、斎藤と日ハムの渡辺、髙濱とのトレードが成立した。

江越のパワーと走力については秀でていたが、なにせバットにボールが当たらないので。主として代走要員で使われていた。技巧派の多いセ・リーグより、力勝負のパ・リーグの方が向いているかもしれない。新庄監督の指導で化ける可能性もある。
齋藤は年々登板数は増えて来ていたが、結果は出せていなかった。環境が変わって伸びてくれる事を期待する。

新しくチームに入った渡辺と髙濱は故障持ちというのが心配だが、頑張って欲しい。
渡辺は左キラーのアベレージヒッター。速球に強い右バッターというのが阪神の補強ポイントと合致したらしい。守備位置はセカンドなので、キャンプではチーム内の競争が激しくなるだろう。
髙濱は、ロッテの小林をFAで獲得した時の人的補償だった髙濱卓也の弟。阪神に来たのも何かの縁だと思う。これがブレークのきっかけになって欲しい。

この記事へのトラックバック